仔犬を譲ることは、家族を譲ること。
ボーダーテリアのパピー、生後1ヶ月を過ぎました。
e0104439_2153052.jpg
別館JRTブログはこちらから
パピーの動画はこちらから




e0104439_215519.jpg
e0104439_2155774.jpg
e0104439_216367.jpg
e0104439_216988.jpg
e0104439_2161697.jpg
e0104439_2162288.jpg
e0104439_216386.jpg
e0104439_2164582.jpg
大切に育てています。

ぷくぷく、まん丸に育っています。

性格は、おおらかで、のどかで、ときどきやんちゃ。

でも、ジャックラッセルテリアとはまた違った雰囲気の仔犬たちです。

我が家から送り出す子は、トイレトレーニング、クレートトレーニング、

お留守番の練習など、この子たちがあたらしい家族に迎えられたときに

一緒に暮らしやすいパートナードッグとしてのパピートレーニングをしてから

送り出します。

大切な社会科の時期を一般家庭で育っています。

掃除機の音、車の音、水道の音、テレビの音、いろんな音や気配。

来客、ジャックラッセルの成犬たちなどの自分たち以外の世界。

いろいろなものにできるだけ触れ、それを受け入れるおおらかな心を育て、

それから、あたらしい家族のもとに巣立ってほしいと思います。

パピー期の過ごし方は、その犬の一生を左右すると思います。

この時期を、大切に、大切に、育てています。

人間が好きな犬になるよう、犬と仲良くできる犬になるようにと。

ボーダーテリアを飼うのがはじめての方にも、できるかぎりの

サポートをしていきたいと思います。

毛のお手入れ、運動、しつけなど、わたしでお力になれることは

できるかぎりしたいと思っています。

ブリーダーとはそういう存在でありたいと思います。

売っておしまい、ではなく、巣立った子を一緒に見守れるような存在でいたいと

思います。

パピーを譲ることは、家族を譲ること。

たった1頭の仔犬は、迎えた人の毎日をとっても色濃いものにしてくれるだろうし

毎日をしあわせなものにしてくれると思います。

ボーダーテリアは、忠実で心の絆をしっかり結べる

とても素敵なパートナードッグだと思っています。

しみじみと、味わい深い家族になってくれることと思います。

そんな出逢いがありますように。

* * * * * *

ボーダーテリアのパピーのオーナーさんを募集します。

生後1ヶ月を過ぎてから募集をしようと思っていました。

命への安心感が生まれ、大丈夫、と思えてからでないと募集をかけることが

できません。

何頭かはもう行き先が決まっています。

あと3頭ほど、お譲りできるかと思います。

詳細は、メールにてお問い合わせください。

kaom1@excite.co.jp
[PR]
by maya-max | 2007-01-25 02:16 | ペコの育児日記


<< バタバタしています。 犬らしく。 >>