蛙の子は蛙、ペコの子はペコ。
ペコは、とってものんびり屋のマイペース。

LOHASを地で行くまったりボーダーテリア。
e0104439_331988.jpg
別館JRTブログはこちらから




ペコの吠えた声なんて、家にいてほとんど聞かない。

気配すら消しているかのように、家では寡黙一徹。

小さなコトは気にしない、とってもおおらか。

外に出れば尽きることのない体力で走り、5km以上離れた江ノ島まで自転車で行って

息ひとつ荒げず、さらに海で猛ダッシュ!というおそるべき体力を備えたペコだけれど

家ではとっても省エネ体質。

ぼーっと。

じーっと。

まーったりと。

過ごしています。

ときどき、ペコが行方不明(猫が行方不明って映画はあったけど)かと思うほど。

もともと、ボーダーテリアは原産国では馬と併走していたほどの

脚力と持久力を持った犬種だそうです。

馬と併走して猟場まで行き、そこからさらに、狩猟のお仕事をしていたほどの

体力の持ち主だから、その体力たるや、いかばかりか。

ジャックラッセルはハイパワーだと言われるけれど、ジャックラッセルテリアは

狩猟犬時代、大きなずた袋に何匹ものJRTをつっこんで狩猟場に持っていき、

狩猟の際に、さぁ、行けー!と、ずた袋から解き放ち、瞬発力を生かした狩猟を行ったとか。

だから、わたしの知っているジャックラッセルテリアだけの範疇で言えば、

ハイパワーで瞬発力、駆動性にはすぐれているけれど、長時間の持久力とは

ちょっと違うような印象があります。

同じテリアでも犬種の用途沿革を考えると、うんうん、と頷ける部分があります。

けれど、お仕事以外ではまーったく体力を使わない、というペコの気質は

じつはとても省エネで、すぐれた特性だと思うのです。

いつもセカセカしていたら、いざというときの持久力が持たないもんね。

ペコは、たぶん、ボーダーテリアのなかでもさらに、ぼんやりしてると思うけど・・・。

そんなぼんやり、のんびりペコのLOHASなベイビーたち。
e0104439_334195.jpg

やっぱり、LOHASでのんびりです。

この日齢のジャックラッセルの仔犬はもう、動いたり、ミオミオ言ったり

とても活動的だった。

でもこの子たち・・・ダイジョブかしら?と心配になるほど、寝てばっかり。
e0104439_3344198.jpg

e0104439_3345919.jpg
さすが、蛙の子は蛙、ペコの子はペコ。
e0104439_3351863.jpg
e0104439_3355037.jpg
e0104439_3355739.jpg
e0104439_336336.jpg
e0104439_3361045.jpg
e0104439_3361747.jpg
e0104439_3362342.jpg
のんびり、LOHASなDNAが、脈々と受け継がれているようです。

出産、育児というペコの人生にとっての一大事でさえ、息ひとつ荒げず

ぽんぽんぽんっと7匹の子を産み、産前産後でまーったく変わらず

自分のゆったりしたペースを変えないこのおおらかさ。

おおらかっていうことは、でもじつは、芯の強さがあるんじゃないかなって思う。

この6匹の兄妹も、おおらかに、伸びやかに、育ってほしいと思う。
e0104439_3401386.jpg

育児中、いつも居眠りしているLOHASな母さんみたいに、なるかな。
[PR]
by maya-max | 2007-01-12 03:38 | ペコの育児日記


<< ちょうどいい温度。 はじめてのおでかけ~獣医さんへ。 >>