2006年 12月 08日 ( 2 )
ばかやろう達。
e0104439_14345547.jpg

昨夜は、夜中に大掃除。

でも。

しても、しても、終わらない。

雑巾がけをしていると、「やるか?」「やるのか?」と突進してくるマーやん。

箒で掃いていると、「待てーいっ」っと箒にぶら下がってくるマーやん。

部屋中を雑巾がけして、ピカピカになったところで、

拾ってきた色鉛筆をガジガジにかじって部屋中を虹色にしてくれるマーやん。

お風呂掃除をしていたら、「あたしもー」ってやってきて、びしょ濡れになって

部屋中をダッシュして、また雑巾がけさせるマーやん。

洗濯物をたたんでいたら、じっとこちらを見上げ、靴下でも落とそうものなら

すかさず奪取して、ダッシュするマーやん。

とんでもない女です。

もう!

いつまで経っても片付かないじゃん!!

ちょっとセブンイレブン行ってる間に、ゴミ箱ひっくり返すし。

休憩してたら置いてあったコーヒーひっくり返すし。

とにかくいつも、「狙ってる」女、マーやん。

狙いを定めたら、絶対に外さない女、マーやん。

マーやんがいなかったら、さぞかし掃除がはかどるだろうよ。

「ばかやろーーーーー」

深夜4時、ついにキレた。

誰かが失敗したおちっこの上をみんなで行進、そして部屋中を...。

ギャーーーーーー。

せっかく雑巾がけしたのにぃ。

発狂したら、1、2、3.....あれ、足りない。

1、2、3、4......あ、年の功、モナちゃんはしっかり自分のベッドに逃げてた。

あれ、あれ、大ちゃんは?

ガラスのハートボーイは、玄関でプルプル震えて固まってました。

ああもう、手がかかるったらない。

そんな大ちゃんに、猛烈タックルくらわして、平気のへーで向かってくるのは

やっぱり、マーやんなのでした。

あんたが汚したんでしょーーーーーっ!
[PR]
by maya-max | 2006-12-08 14:35 | 犬のこと。
お夜食。
家で仕事をしていると、どうしても口寂しくなる。

以前はチョコレー党の党首だったけれど、最近、食べ過ぎて飽きた。

背負い水。

日本には昔から「背負い水」という考え方があるらしく、

人は決まった量の水を背負って生まれてくる、その水を飲みつくしてしまうと

その人は死を迎える事になる、という趣旨のこと、らしい。

だからわたしは、背負いチョコレートであり、これ以上食べたら死ぬってほど

食べつくしたんだと思うのです、しばらく、体からチョコレートを抜かなきゃなのかも。

なにせ、1日に板チョコなら軽く10枚以上、むさぼっていた。

いまのわたしは、背負い生牡蠣、になりそう。

1週間に何回、生牡蠣を食しているだろう?

生牡蠣の握り、それも軍艦巻きではなく、握り。

最高に美味しい。

新鮮な赤碕の牡蠣、まずは、殻を剥いてもらってぺろり。

それから、握ってもらう。

至福の時です。

それから、明太子。

寿司屋の大将に教えてもらったとある魚屋さんのめんたいこ。

こんなのはじめてってほど、粒が生きてて、触感があって、まず最初に来るのは

たらこそのものの旨み。

深夜の家仕事の際には、めんたいこと、それから、母がお取り寄せしてくれるもずくスープ、

このもずくスープに、友だちの沖縄土産の「アーサ」という、海苔をたっぷり。

塩分多くてむくみそうだけど、最近、夜食はこんな感じです。

このもずくスープに刻み葱をたっぷり入れて、お雑炊にしてもあったまるのだ。

それにしても、包丁も、なにも、使わないわたし。

背負い水。

背負い恋。

決まった量以上に人を好きになり尽くしたら、いつか、死んでしまうんだろうか。

もずくスープの話のあとだから、ちっともリアリティないね。
[PR]
by maya-max | 2006-12-08 01:39 | 犬のこと。