2006年 11月 28日 ( 5 )
yakiniquest
お肉、好き。

お肉がつくのは、困る。

女の人生にとって、もっとも困難な出来事といえば

失恋でも、人生のつまずきでも、受験勉強でも入社試験でもなく

体重と体型を自分の意志でコントロールするってことなんじゃないかなと思う。

加齢とともに基礎代謝は落ちてくる。

けれど加齢とともに可処分所得が増えて、

自分のお金もしくはおごりなどでおいしいものを食べられるようになる。

反比例なのだから、太るわけだ。

人生を謳歌すればするほどに、「こんど飯でも?」的お誘いも増え、食べ、飲み、

人生を謳歌するために買ったスキニーデニムがぴつんぱつん、なんて困る。

わたしはいま現在は不健康なのでなにもしていないけれど、気をつけなきゃ。

といいつつ、毎日こんなサイトを見て、物色中。

http://www.yakiniquest.com/

ヤキニクエスト。

むふふ、こゆい、こゆい。
[PR]
by maya-max | 2006-11-28 21:23 | 生活のこと。
mocoちゃんuomoにでるの巻き。
はい(^-^*)

なんてかわいいんでしょう。

mocoちゃんは、UOMOの今月発売号に出てます♪
e0104439_2053749.jpg

[PR]
by maya-max | 2006-11-28 20:53 | 犬のこと。
ダイエットの成果!
モナちゃん、ダイエットの成果があったのか...。

寒がりで、めんどくさがりで、ずぼらなモナちゃんは

ここんとこずっと、家でちゃんちゃんこみたいなセーターを着こんで

ぐうすか寝てばかりいたので、体型の変化に気づかなかった。

寒いからいやーん。

逃げ腰のモナちゃんをとっつかまえて、無理矢理

ちゃんちゃんこみたいなセーターを脱がせてみました。

あら?
e0104439_141579.jpg


More
[PR]
by maya-max | 2006-11-28 18:42 | 犬のこと。
ドロドロ。
雨がつづく冬のはじまり。

犬は退屈。

部屋は散らかる。

もう、耐えられない!

...雨の合間をぬって、公園へ。
e0104439_1311513.jpg


ひゃっほう。

More
[PR]
by maya-max | 2006-11-28 18:34 | 犬のこと。
とくに。
とくになにもなく、会社に行って、ひたすら仕事した1日。

ごはんも食べずに仕事したので、本日はめんたいこ茶漬け。

今週は、ミーティング、ミーティングではじまった。

今日は14時からはじまって、ミーティング終了は20時。

途中コンビニ休憩をちょっとはさんだだけ。

長いミーティングはお菓子がすすむね。

終わってから、終電ぎりぎりまでデスクワーク。

人が少なくなったオフィスの自分のデスクで作業するのはきらいじゃない。

20階から見下ろす夜景がきれいだから。

東京タワーが、レインボーブリッジが、観覧車が、六本木ヒルズが

それはきれいに光っていて、なんだか東京だなぁと感じる。

東京の夜はさみしくなくて、でもときどきさみしくて、あったかくてでもときどき切なくて

飽きることのない夜景。

家に帰りついたのは、1時を越えてました。

ふう。

忙しい日々、この人たちがおだやかに過ごしててくれるのが、ありがたい。

明日も企画会議。

明後日から企画をつめて、コンテ発注。

合間にグラフィック原稿のコピーを仕上げて入稿。

来週はプレゼン。

ああ、忙しや。

でも、ときどき、神経が麻痺するくらい忙しいと、ピリッと気持ちが張る。

午前中はあいかわらず、喘息がゼェゼェして仕事にならないけど。

薬を飲んで一息つくと、ようやく午後から動き出す。

しばらくこのペースで乗り切るしかないな。

風邪ひかないといいけど。
e0104439_3345044.jpg

e0104439_33511.jpg

どいつもこいつもかわいいけどやっぱり。
e0104439_3351398.jpg

この人がいちばん、気になる↑

家にいるとタレ目で、外にいるとツリ目になる、不思議なモナちゃんの目。

こうしてると、どんぐりみたいな目なのに。

待ちに待った白石一文の書き下ろしが出ました。
e0104439_3404240.jpg

ここ数年の作家では、いちばん好きな作家といってもいいかもしれない。

哲学的でもあり、文学的文学でもあり、人間はエゴでずるくて弱くてでも

切なくて寂しがりで、1人では生きていけなくて的素直な現代描写。

心の機微や切なさが、じんわり来るようなこの人の小説が好きです。

生きていれば心がヒリヒリすることもある。

きれいに、整理整頓された人生はない。

そんなことも含め、生きるってどういうことだろうという話がほとんどかな。

いろいろな人が出ては消え、出ては消え、小説を書くことはできても

ずっと書き続けることの難しさを感じます。

そのなかでも、川上弘美、吉田修一、白石一文、この辺の方たちは

自分にとっての文章感や人間感、小説とは、というスタンスを壊さぬまま

書きつづけている人たちなんじゃないかなと思います。

明日は本屋さんに行かなくちゃ。

でも、読めるかな?

いつ?
[PR]
by maya-max | 2006-11-28 03:42 | 犬のこと。