BLUCEの門出。
生後77日。

ブルースが、今日、巣立ちの日を迎えます。
e0104439_4533058.jpg

↑ ボーダーテリアの姿、形に、なりました(涙)



明日旅立つブルースに一目会っておこうと、今日はたくさんのお友だちが

遊びに来てくれました。

みんな、ペコっ子が生まれてすぐの頃から遊びに来て、成長を見守ってくれていた

お友だちです。

元気いっぱい駆け回る仔犬たちに、みんなで大笑い。

そりゃもうにぎやかで、仔犬たちもハイパーを越えて大変な騒ぎ。

でも、夜ごはんを食べて、お友だちと別れて家に帰ってきたら、

なんだかとても寂しくなってしまいました。
e0104439_454559.jpg

みんなが生まれたクリスマスイブ。

死んでしまったムシ君。

目が開いた日。

ブルースは、いつもじっとこっちを見ている子だった。

人間が大好きで、よく観察する子。

最近はやんちゃっぷりを思いっきり発揮させています。
e0104439_455462.jpg

ブリーディングすることは並ならぬ苦労がともなう。

リスクも伴なう、不安もともなう、時間も、手間隙も、とんでもなくかかる。

ただ、わたしは、いちばん好きなのはパピーの時期を育てている時間です。

まっしろなキャンバスの、無垢な仔犬たちが、日々スポンジのように物事に

好奇心を抱いたり、学んだり、成長したりするその様子に

どきどきしたり、こっちが教えられたりする日々が、ほんとうに好き。

いちばん切ないのは、送り出すときかな。

おトイレも、だいぶ覚えた。

ゲージトレーニングも、だいじょうぶ。

車も、名古屋まで旅行できたからだいじょうぶ。

犬社会のルールも、家の兄ちゃん姉ちゃんに教えてもらった。

呼び戻しも、人間大好きだからたぶん大丈夫。

ブルース、いい子でね。

すくすくと、心豊かに、育ってください。

...。

この子たちが我が家から出て、あたらしい家族のもとに行ったときに

なるべくなるべく、おおらかに馴染めるようにしたいと思いながら育てていても

まだ、してあげられることがあったんじゃないかとか、

もっと、こんなことをしてあげたかったとか、そんなことばかりが頭をよぎる。

元気に生まれてきてくれて、元気にこうして巣立ちの日を迎えられること。

しあわせな縁に出会えたこと。

まずはそのことを喜ぼうと思うのに。

さみしくなっちゃう。

不思議なくらいかわいいです、ボーダーテリアの仔犬たち。

家に来た人みんなが笑っちゃうくらい、人間が大好き。

犬も大好き。

今日はブルース最後の夜なので、ほかの5匹が寝たあとに、ママと一緒に。
e0104439_456148.jpg

CoCoにもずいぶん面倒みてもらったよね。(注:cocoの股のところにブー)
e0104439_4564014.jpg

マーヤン隊長に、いちばん甘えていたのはブルースだった。

ブルースは、10歳と、7歳のラブラドールレトリバーのお母さんと娘さんの

いるお家の末っ子になります。

育児経験のあるラブのママさんは、とても母性が強いとのこと。

ブー君、また、甘えるんだろうな。

いっぱい甘えるんだよ。

わたしよりもずっと犬との暮らしも長く、犬のことを熟知されているご家族の

もとに巣立つので、1点の心配もありません。

ただただ・・・今夜は、さみしい。

こんなにたくさんいるんだから、さみしくならないかな、と思ったけど

やっぱり、さみしい。

これまでも、巣立った子が巣立つ前の日や当日は、そういえば

いつもこんな気持ちだった。

この手で生まれる瞬間から立ち会って、育てた子は、みなかわいいです。

離れることは、さみしい。

でも。

迎えていただけることに心から感謝しています。

ふつつかな息子ですが、どうぞよろしくお願いします。

ブー君、元気でね。

いつでも、ペコ母さんやマーやん隊長に、会いに来てね。

そして。

ペコ、息子が巣立ちますよ。

ほんとうにいいお母さんです。

まだ5匹の天才悪魔君たちの育児は残ってるけど、まずはまずは、おつかれさま。
e0104439_459102.jpg

[PR]
by maya-max | 2007-03-11 04:59 | ペコの育児日記


<< 巣立ち。 ひさしぶり! >>