ムシ君とのお別れ。
今日は、母が朝から祖母のところに行っている。



出先の母に、ムシ君のことを伝えたら、絶句し、悲しんでいた。

可哀相、可哀相。

なんども繰り返した。

実家の父に電話をして、ムシ君のことを伝えたら、深く落ち込み、

運命として受け止めるしかない。

残った子を大事に育てなさい、と言われた。

ムシ君。

たった100gの小さな命だけど、とても大切に思われていたんだよ。

ともだちは、白いお花を持って駆けつけてくれた。

そういう人たちに囲まれていたんだね、君の6日間は。

愛されなくて何年も生きることもある。

君の6日間は、愛されて、大切に思われた6日間。

ムシ君とのお別れは、今晩、父も母も帰ってきてからすることにした。

実家の庭に。

春になったら、そこに白いお花を植えてあげたい。

出会っちゃったから、こんなに悲しいんだね。

仕方がないって頭でわかりながら、泣けてきちゃって。

悲しくて、悲しくて、どうしようもない。

全身から力が抜けちゃったみたい。

わたしには、子どもがいないから、この手でとりあげて、

人口哺乳して、マッサージして、排泄の手助けもする子は

自分の子どもみたいなもの。

悲しくって悲しくて。

涙が止まらない。

かわいい子だったな。
[PR]
by maya-max | 2006-12-30 14:39 | ペコの育児日記


<< 人生の旅をゆく。 よくがんばった。 >>