命。
小さな命が生まれて3日。

一生懸命ミルクを飲み、眠り、育っています。
e0104439_401844.jpg

だいぶ、しっかりしてきたかな。
別館JRTブログはここから




ころころとまん丸に育っている6匹。

ペコの食欲があまり出ず、おっぱいの出もそれほどではないのが悩みの種。

モナちゃんは、母性というか野生が強烈で、なにかに突き動かされるように

出産と同時に、猛然と食べまくっていた。

1日にどんぶりいっぱいのご飯を何度も何度も食べ、ミルクを飲み、それでも

腹減った、腹減ったと食べに食べては、おっぱいを与えていた。

だから、母乳も噴出すほど出て、おっぱいもパンパンに張っていた。

ペコは、出産を終えたらなんだか通常時のスリムな体型に戻り、いつも通り。

育児はすごく熱心にがんばるけど・・・食べたくないのー、みたいな。

仔犬のために、部屋を温かくしているのも、暑くて嫌みたいです。

それでも、元気な仔犬たちは一生懸命におっぱいを吸い、お腹はいつも

パンパンに膨らんでいるので、たぶん、おっぱいは足りているのでしょう。

足りている子は、人口哺乳を拒絶する。

イヤイヤ、イヤイヤ、ダラーっと出してしまう。

でも、足りているのなら、心配しなくていいのかな。

吸い続けてないと、おっぱいの出は悪くなってしまうから、ここは自然にまかせよう。

ペコは赤ちゃん帰りしたみたいに、手から食べたがる。

まったく、不思議ちゃんは母になっても不思議ちゃん。

でも、仔犬たちは。
e0104439_453076.jpg

満たされて、すやすや。

温度、食欲、排泄、なにか欠けていれば鳴いてうったえる。

でも、仔犬たちはとても静か。

ムシ君が静かだと心配になるけれど、この6匹が静かなのは満たされているのだと

安心しています。
e0104439_463577.jpg

e0104439_465965.jpg

女の子です。
[PR]
by maya-max | 2006-12-28 04:07 | ペコの育児日記


<< 生きる力を感じるとき。 人口哺乳開始。 >>