見分けられる?
だいぶ、それぞれの個性が出てきました。

今日の一連の写真、みんなそれぞれ違う7頭を撮ったのだけれど

違いが、わかるかな?
e0104439_020057.jpg


別館JRTブログはここから



写真を撮っているあいだ、ペコ母さんはじっとこっちを見ているものの

安心しきった様子で、他の子のお世話をしている。

信頼してくれてるのかな。

リビングの隣の本の部屋兼トリミングルームをペコのお部屋にした。

静かな部屋で、ペコは安心して育児に専念している。

とても静かだけれど、通りに面した部屋なので、バスの音、車の音、ヒトの声

いろいろ聞こえる。

もちろん救急車の音や、5時を知らせる鐘の音も。

耳が聞こえるようになったとき、こういうものが当たり前であれば

きっと、いろんな音に怯えなくなるように思う。

ふと思うけれど、送り出すまでの犬育てで大切なこと、それは

「心のキャパシティを広くしてあげること」じゃないかなと思う。

掃除機、車、ドライヤーの音も、小さな頃から聞いていれば、あたりまえになる。

いろんな人に会い、触れられ、可愛がられていれば、人間を怖がらなくなる。

たくさん声をかけていれば、人間の声に耳を傾けるようになる。

小さな頃からのこんな積み重ねで、心のキャパシティを大きく育ててあげたいと思う。

繁殖場のような場所のサークル中で生まれ、ヒトにあまり触れられず、

犬の吠え声ばかりを聞いて、幼少期を育ったとしたら。

親犬、兄妹とのふれあいも、30~40日でとぎれたとしたら。

心のキャパシティは、広がるだろうか。

その子が巣立ってから苦労しないだけのコトを、なるべく、なるべく、してあげたいと思う。

この小さな家の、ふつうの生活環境でブリーディングする自分ができることを

できるかぎり、したいと思う。
e0104439_017688.jpg

e0104439_0172035.jpg

みんな、胸にこの白い、月の輪熊のマーク。
e0104439_01750100.jpg

んみゃー。
e0104439_0181061.jpg

この白いタンは、ペコの胸にも残っています。
e0104439_0183639.jpg

おっとりくん。
e0104439_0185161.jpg

この子は、太い手足。
e0104439_0191119.jpg

e0104439_0192668.jpg

こんなに小さい。
[PR]
by maya-max | 2006-12-26 00:20 | ペコの育児日記


<< 手の上で、すやすや。 犬育ては。 >>