耳をかたむける。
仔犬誕生から、半日。

半日眠って、ペコの部屋に行ってみると。

横になるペコ。

代わる代わるにおっぱいを飲む7匹の赤ちゃん。

子犬の発育は目を見張る速さです。

生まれたてのときに覚えた「小さいかな?」という不安も、半日を過ぎると

もうすでに、ちょっとたくましく、命の無事は守られているような雰囲気に変化しています。

艶艶の毛がビロードのようにきれいで、なんとも美しい赤ちゃんです。

半日ぶりに会った赤ちゃんは、ちょっとたくましくなっていました。

仔犬がミュオと鳴く。

と、ペコが首をかしげる。

また仔犬がミュオと鳴く。

首をかしげるペコ。

そのしぐさがなんとも可愛くて、愛おしくて、ずっと見ていたい。

まるで、子犬の声に耳を傾けて、なにしてほしいの?と聞いているみたいな感じ。

いま、人間の母親にもできなくなっている人が増えているのかもしれない。

それは、子どもの声に、耳を傾けるということ。

こうして犬と接していると、親子の、とか、生物の、ごくシンプルで本来的な姿に

出会ったような瞬間があって、はっと気づかされることが多い。
[PR]
by maya-max | 2006-12-24 13:41 | ペコの育児日記


<< カテゴリーをつくりました。 たぶん。 >>