怪しい女手袋をするの巻。
手袋の

ぬくもりキミの

やさしさか

* * * * * * *

川越でがんばりましたで賞♪ということで...かどうかは知らないけれど

手袋をいただきました。

スウェードの、薄い手袋。

薄いけれど、ぬくぬく。

このクソ寒いなか丑三つ時にひとりスーパーの駐車場で

夜な夜な、あやしく犬たちとハンドリング練習するわたしですが

冬の真夜中、手がキンキンに冷えてしまう。

どんなに防寒しても、手とほっぺがちべたいケド。

リードを持つ手は手袋できないけど、もういっこの手は 手袋がぬくぬく。

寒いけどガンバロウ♪

という気持ちになれたので、今日も怪しい女になりました。

ときどき、会社帰りのサラリーマンさんとか、 カップルさんとか、

飲み屋帰りのお友だちが見物してくれるんだけど かなり恥ずかしいけどね。

(^0^;)

だって、かなり怪しいでしょ。

どう考えても、怪しい。

犬5匹も連れて、駐車場で、グッボーイグッボーイ大ちゃーん、

とかブツブツ言いながらアップダウンとかしてるわたし。

我ながら、超怪しい。

が、ギャラリーが来ると俄然はりきる、ゲンキンなうちの犬たち。

なぜ駐車場かというと、白い線が引いてあるから、まっすぐ歩く練習にいいのと

立っているポールが審査員さんに見立てやすいからで、

なぜ深夜かというと人っ気がないからっていうのと、

駐車場に誰も出入りを しなくなるのが深夜だから。

だけどそれにしてもあやしい。

片手に手袋をして、なお怪しい女度が倍増したかも。

さらにあやしく、家に帰ったら手袋をはずし、リードをナイフに持ち替え...

丑三っつ時に、犬たちのトリミングをするわたしでした。

だって...昼間は会社なんだもん(涙)

怪しさにもめげず、超防寒儀にエプロン姿というなりふりかまわずの自分。

これでいいのだろうか。。

考えちゃ、いけない。
[PR]
by maya-max | 2006-12-14 02:49 | 犬のこと。


<< 絶望と希望。 表参道が!!! >>